山形県米沢市の歯科医院、たいら歯科医院です。川西、高畠、南陽からも来院して頂いております。歯周病治療についてご説明しております。

たいら歯科医院 tel:0238-40-8404 診療時間:9:00~12:00/14:00~18:30 水・土:9:00~13:00/午後休診 休診日:水曜午後・日曜祝日 ご予約・お問い合わせ
地域に愛される痛くない歯医者さんを目指して!

歯周病治療

歯周病について

歯周病について

歯周病とは、歯の周りの組織に炎症が起こっている病気の総称です。炎症が歯肉だけに留まっている状態を「歯肉炎」といい、炎症が歯槽骨や歯根膜にまで広がっている状態を「歯周炎」といいます。歯周病の特徴は痛みがなく静かに進行していくことです。進行すると歯を支えている歯槽骨まで吸収して、歯がグラグラして物が噛めなくなったり、歯が抜け落ちてしまうこともあります。


歯周病と全身疾患の関係

歯周病が糖尿病、誤嚥性肺炎、早産など全身の健康に影響を与えることが明らかになってきています。気道や血管を介して肺や心臓に入り込んだ歯周病原細菌が肺炎や心疾患の原因となったり、歯周病によって誘導されたTNF-αなどの炎症性サイトカインが糖尿病や早産を誘発すると報告されています。歯周病を予防することで生活習慣病のリスクを下げることができます。 歯科医院での定期的な検診と口腔ケアで歯周病をしっかり予防していきましょう。

歯周病の状況

平成28年度の歯科疾患実態調査では45歳以上で50%以上、25歳~44歳でも3割~4割と多くの方に4mm以上の歯周ポケットがありました。

歯周病が全身に多くの影響を与えることは昨今の研究で明らかになってきています。 歯医者はお口の変化をみる事のできるプロですから、歯肉の炎症や出血などから歯周病の進行具合を調べることができます。3ヶ月から半年に1度は歯科医院で口腔内の検査とケアを受けるようにしてください。
歯周病をしっかりと予防することが全身の生活習慣病の予防にも繋がっています。

健康管理が未来を明るく健康に

近年、健康意識の高まりから定期的な運動や適切な食事などに気を使う方が増えたように思います。このような習慣と同じく、定期的に歯科医院に通って予防をするのも健康管理の大事な要素です。

理想的な来院ペースは歯磨きの上手な方、苦手な方、歯周病の方など、お口の状況に応じて変わっていきます。しかし、定期的に歯科医院での検査と口腔ケアを受けられた患者さんと、痛くなったときにだけ通う患者さんとでは最終的な残存歯数において大きな差が出てきます。 歯科医院では口腔ケアを行うだけではなく、ご自宅での理想的なケア方法もアドバイスしますから、ホームケアとプロケアを合わせて健康な状態をより長く維持できると考えられます。

年齢を重ねても健康でいられるように、今日から予防を始めてみませんか?

楽しく人生100年時代を過ごすために

近年、日本では60代以上のシニア世代の皆さんのお口の中の衛生状態がよくなってきている傾向があり、歯が残っている本数が多くなってきています。

平成28年歯科疾患実態調査の結果では、80歳になっても自分の歯が20本以上ある8020(はちまるにいまる)を達成した人の割合が、前回調査の40.2%から51.2%に増加していることが分かりました。80歳以上の2人に1人以上の方に20本以上の歯が残っているということであり、大変喜ばしいことです。一方で、歯が残っている分、歯周病になる可能性も高くなってきているとも考えられます。せっかく残っている歯を健康な状態で維持していくためにも、日々のケアがとても重要です。

~当院はシニア世代の方々へお口の健康を付与したい~

この想いを持ち診療に当たっています。
ご来院いただいた際にお口の中の状態をチェックさせていただき、歯周病等により歯を無くすことが無いようにメンテナンスを行っていきます。
また、患者さんそれぞれの状態を把握した上でご自宅でのセルフケアのご提案をしています。

いつまでもご自身の歯でいられるようお手伝いしてまいります。

歯周病治療の流れ

(1)初期検査
レントゲンを撮ったり、歯周ポケットの深さや日頃行って いるブラッシング方法を行ってもらい間違ったブラッシング方法で磨いていないか調べます。

next

(2)初期治療
歯周病の大きな原因である、歯石を除去します。 正しいブラッシングが出来ていない場合はブラッシング方法を指導します。

next

(3)再評価
歯周病の治り具合をチェックします。

next

(4)SRP
歯石除去や正しいブラッシングで歯周病が治らない場合は、SRPが必要になる場合もあります。 歯の根に付いた歯石や炎症巣を除去して滑沢にします。

next

(5)再評価
歯周病の治り具合を再度チェックします。歯周病が治っていない場合はさらに治療・管理を行います。

PAGE TOP