山形県米沢市の歯科医院、たいら歯科医院です。川西、高畠、南陽からも来院して頂いております。お口の健康管理についてご紹介しております。

たいら歯科医院 tel:0238-40-8404 診療時間:9:00~12:00/14:00~18:30 水・土:9:00~13:00/午後休診 休診日:水曜午後・日曜祝日 ご予約・お問い合わせ
地域に愛される痛くない歯医者さんを目指して!

お口の健康管理

歯・口の問題は全身疾患のリスクになります

歯周病菌の産生する毒素や炎症を引き起こす物質が血中に入り込み
全身に悪影響を及ぼすことがわかってきています。

  • がん
  • 低体重児出産・早産
  • 狭心症
  • 骨粗しょう症
  • 心筋梗塞
  • 気管支炎
  • 動脈硬化
  • 肺炎
  • 感染症心内膜炎
  • 誤嚥性肺炎
  • 脳血管障害
  • 認知症
  • 糖尿病
  • インフルエンザ
  • 高血圧
  • 肥満・メタボリックシンドローム

口腔機能を維持することで全身疾患予防や活動能力を維持向上し、
介護予防、健康寿命延伸につながります。

定期的に歯科口腔健診を受けて生涯健康管理を!

幼児期
お口の健康管理を始めていく大切な時期です。
お家でのブラッシングに加えて定期的な検診を受けましょう。
学童期
おやつを口にする機会が増え、むし歯ができやすくなる時期です。
歯科医院で適切な指導を受け、予防習慣を身につけましょう。
10
歯周病の初期段階である歯肉炎が増えてくる時期です。
親による仕上げ磨きをしなくなり、お口の環境が悪くなりやすくなります。
自発的に定期的な検診を受けるようにしましょう。
20
20代は人生の入り口で、口腔の健康の礎となる大事な時期です。
定期的な健診を受け、むし歯歯周病の芽をつみましょう。
30
35歳を過ぎると、生活習慣病や歯周病が気になる年齢です。
早めの予防を心がけましょう。
40
40代なかばになると、生活習慣病や静かに進行していた歯周病の症状が現れてきます。歯の喪失を防ぐために定期的な建診を受けましょう。
50
55歳あたりから歯周病に罹っている人の割合は徐々に減少しますが、
歯の喪失が増えはじめる世代ですので注意が必要です。
60
65歳を迎え、年齢とともに、かみ合わせや唾液、粘膜などの口腔の状態が変化することがあります。現在の口腔状態を維持·改善することで、豊かなシニアライフをおくりましょう。

ご存知ですか?オーラルフレイル(お口の虚弱)!

  • 食べこぼしが増えた
  • 活舌が悪い
    舌が回らない
  • むせることが増えた
  • 噛みづらくなった

最近こんなことはありませんか?
もしかするとそれはオーラルフレイルのサインかもしれません。
※オーラルフレイルとはお口の虚弱(わずかな口の機能の衰え)という意味です

「食べる力」を保つために

1
歯ごたえのあるものをよく噛んでおいしく食べる
2
噛んだり飲み込むための筋力を鍛える(お口の体操)
3
唾液腺マッサージで口腔内の乾燥を予防する
4
口腔内を清潔にしてむし歯や歯周病を予防し、歯が抜けるのを防ぐ
5
むし歯ができたり歯が抜けたりしたら、
放置しないで歯科医院へ行き、噛む機能を回復する
6
良いコンディションを維持するために
かかりつけ歯科医院で定期的に歯科健診を受ける

PAGE TOP