山形県米沢市の歯科医院、たいら歯科医院です。川西、高畠、南陽からも来院して頂いております。歯のクリーニングについてご紹介しております。

たいら歯科医院 tel:0238-40-8404 診療時間:9:00~12:00/14:00~18:30 水・土:9:00~13:00/午後休診 休診日:水曜午後・日曜祝日 ご予約・お問い合わせ
地域に愛される痛くない歯医者さんを目指して!

歯のクリーニング

プロによる徹底的な歯のクリーニング

専用の器具を用いて行うプロによる歯のクリーニングは、毎日のブラッシングで落としきれなかった汚れを完全に除去し、虫歯や歯周病を防ぎます。どんなに毎日丁寧に磨いていても、どうしても磨き残しがあるものです。歯のクリーニングをすることにより、自身では取り除けない汚れを除去しお口の中を清潔に保ちます。


施術時間の目安
所要時間30分程度
料金
5,000円(税別【保険適用外】)
施術の目的
着色汚れ、表面磨きで汚れをつきにくくします。
※もともとの歯の色や着色の度合いにより必ずしも全ての着色が取れるわけではありません。

歯のクリーニングの手順

  • Step1 ブラシで着色やこびりついた汚れを除去します。
    Step1
    ブラシで着色やこびりついた汚れを除去します。
  • Step2 歯と歯の間の清掃をします。研磨剤と円錐形のゴムチップで歯と歯のあいだを磨いていきます。歯肉のマッサージ効果も期待できます。
    Step2
    歯と歯の間の清掃をします。研磨剤と円錐形のゴムチップで歯と歯のあいだを磨いていきます。歯肉のマッサージ効果も期待できます。
  • Step3 歯の表面を磨きます。再び汚れがつくのを防ぐために、歯の表面を磨いていきます。
    Step3
    歯の表面を磨きます。再び汚れがつくのを防ぐために、歯の表面を磨いていきます。
  • Step4 フッ素を塗布して終了です。フッ素を塗布し完成です。
    Step4
    フッ素を塗布して終了です。

ホワイトニングとは

ホワイトニングとは

ホワイトニングとは、薬剤を歯の表面に塗布して歯を白くする方法です。

ホワイトニングには、医院で行うオフィスホワイトニングとお家で行うホームホワイトニングがあります。

ホームホワイトニングは、専用の器具に薬剤を入れて2時間ほどつけていただく方法です。

オフィスホワイトニングは、歯科医院で歯に薬剤を塗布し、その場で歯を白くする方法です。

ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを併用することで、より効果的にホワイトニングを行うこともできます。

ホワイトニングの種類

ホワイトニングとは、健康な歯を削らずに歯を白くする方法です。もともとわずかに黄ばんだ色をしていたり、飲食によって着色、神経をとった後に歯が黒ずんでしまった、など原因はさまざまですが、それをより白くする方法です。その方法には、歯科医院のみで行うオフィスホワイトニングと、おもに家庭で道具を使って行う、ホームホワイトニングに分けられます。

医院でしっかり!オフィスホワイトニング
オフィスホワイトニングオフィスホワイトニングとは、診療室で行なうホワイトニングです。高濃度の薬剤を歯に作用させるため、短時間で歯を白くすることができます。オフィスホワイトニングの効果は個人差や歯によりその度合いは異なりますが1回のホワイトニングでその直後からホワイトニングの効果を実感することができます。
おうちで簡単!ホームホワイトニング
ホームホワイトニングホームホワイトニングとは、ご自宅で薬剤を塗布したマウストレイを装着する方法です。表面を削ることなく、やさしく持続的に歯を白くすることが出来ます。また、歯にとても優しい成分を使用しているため、処置中の知覚過敏を起こしにくいというメリットがあります。

ホワイトニングの費用について(保険適用外)

オフィスホワイトニング 30,000円
ホームホワイトニング 片顎 15,000円
追加の薬剤 5,000円

※価格はすべて税別になります。

ホワイトニングのよくある質問

Q1. ホワイトニングは誰でもできますか?

歯の変色の原因にもよりますが、基本的に多くの方に適用可能です。しかし、エナメル質や象牙質に形成不全の場合等は十分な効果が得られない事もありますので、まずはご相談ください。

Q2. ホワイトニングは安全ですか?

基本的に歯に悪影響はありませんが、薬剤の刺激により、一時的に歯がしみやすくなる事もあります。使用する薬剤はアメリカで数十年に亘る臨床結果があり、研究でも安全性が立証されているため安心して治療を受けていただくことが出来ます。

Q3. どれくらいの期間、白さを維持できますか?

歯の質や生活習慣によって異なりますが、効果は数ヶ月から数年間持続します。しかし、着色性の強い食品などにより再び着色することもあるため、3~6ヶ月に一度定期的な歯のクリーニングを行うことをおすすめします。


PAGE TOP